他人を羨ましくおもってしまうのは
自分が満たされていないから。

と、きいた。


たまにどうしても僻んでしまうのだけど
そういうものなのかな。



でも、その人にだって
色々な苦悩があるんだとおもう。
羨ましいなんて思われたくないかもしれない。


たまに、ふっとわいた“怖さ”は
わたしの弱い部分に付け入る。





わたしだって、誰かからは
羨ましく思われているのかもしれないのに、ね。




少なくとも、わたしには誇れるものもないし
毎日苦悩しているだけなのだけど。



うーん。

自尊心がほしいな。