※頭の中を書いただけなので、スルー推奨。



最近、“頭の中を整理してから寝る”
ということをあまりしなくなった気がする。

整理しなくても、そこまで散らかってないのかもしれない。
もしくは、散らかり過ぎていて
手がつけられない状態。

自分のことなのに、よくわからない。



自分のことだからわからないのだけど。

(あ、お部屋のお片付けはできるようになったの)



日常生活で私は
“漢らしい” “母親っぽい” “面倒見よい”
“料理が得意” “綺麗好きで掃除をする”
人だと言われるから、
そういう人にならないといけない。

日常が、重い。




ライブを通してでの私は
“実は面白い” “実はよく喋る” “気をつかう”
“女性らしい” “独特の世界観” “やさしい”
人だと言われるから
そういう人でないといけない。



じゃあ、実際のところどうかというと
わからない。

私のことは誰かが決めること。

わたしじゃない。



与えられた器にぴったりおさまるように入らないと
私は存在できなくなる。




どうしたいがないわけじゃない。
どうしたらいいかがわからないわけでもない。

必要ないものは、なにもいらない。



私の頭の中は余計なものが多過ぎる。
どうにか断捨離できないかな。

火曜日だったら捨ててもいいとかないかな。




自分に対して過剰に期待をする。
そして裏切られる。

違う、勝手に裏切られた気になってるだけ。
自分は何もしていない。


私はわたしに対して何もしていない。



私が何を考えてるのかよくわからなくなる。



わたし。



わたしは、ふつうになりたい。
ふつうの、ありふれた、量産型の
目立たない刺されない存在になりたい。
できることなら空気になりたい。
透明になりたい。    


私は、そうは思わない。




自由に生きたい。
自由が欲しい。

自由って何?


いや、自由なんてこわい。




嘘、縛られたい。
細かいスケジュール通りに生きたい。
予定があること、予定が決められていること
は、とても安心。

同じ毎日を繰り返すなんてあり得ないから
退屈を感じるくらいがちょうどいい。


私にマンネリなんて概念はない。


毎日同じ服を着ていたい。
毎日同じ曲を聴いていたい。


半ば儀式的に、毎日同じことをしたい。




生きるって、なんかもう儀式じゃん。




できることなら、
今日眠りについたらもう目がさめないでほしい。


うん、疲れてる。




ちょっと疲れてるんだ。
ちょっと疲れてるだけなんだ。


おやすみなさい。