羽白ひよりのblog “hiyollie records”

なんでこんないきなりあることないこと書いてるかって(ないことを書くのはやめなさい

起きちゃって
眠れないからです。
(昨日飲んだ濃すぎるハイボールのせいかもしれない
ブログに八つ当たりすると眠れるんです。
(読者はいい迷惑です


いいよ誰も読んでないよこんなブログ
と、おもわなくはないけど
誰かは読んでくださってるって知ってる。
ごめんなさい。
わるぎはないんです。

色々とごめんなさい。



今日の予定は
病院へいくことです。
連行されます。
それが怖くて眠れないんだとおもいます(

検査するとかだったら
それが痛かったら
もしポリープとかあったら
手術なんてなったらどうしよう
ガンだったらどうしよう
異常なかったらなかったで何が原因かわからないどうしよう

とかってぐるぐる考えてる。


とりあえずこわい。




昔から定期的に誰かに嫉妬されるんだけど
どうせならもっと素敵なひとにしたらいいのに
ってその度におもう。

最近は割と平和なほうだから書いてみる。
(だとおもってるのはわたしだけかもしれないけど)


嫉妬されて大変なんだ、みたいな相談を誰かにすると
僻まれるなんて喜ばしいことじゃん?
みたいに言われる。

うーん。なんかちがうとおもう。



好きな男性の隣にいる女性は全員嫌い、とかなら
わかるんだけどね。

いや、取る気ないしそもそもその男性もわたしに気はないからから大丈夫だよっておもう。


わたしはよく、
あなたの敵じゃないアピールをしてる。

あなたの敵じゃない。
あなたの好きなひとを取らない。
どちらかというと応援してる側。

なんなら惚気話してくれていい。
あなたが幸せそうだとわたしもうれしい。




わたしは敵じゃない。




ここ最近、人と関わることがあまりないので
自問自答を繰り返している。

ただただ劣等感が溢れる。


「ねえ、劣等感ってどうやったら薄れるとおもう?」
なんとなく口に出してみた。


「うーん。レットウカンって何?」

「えっ?自分は他人より劣っていると感じることだよ。劣るに等しいに感じるって書いて劣等感」

「へー。俺はさ、ひよりさんより頭悪いじゃん?それでいいんじゃん?」

「どういうこと?」

「俺よりできることがあるんだから、バカにしとけばそれでいいじゃん」

「うーん、disることはあっても、別に見下したりバカにしてはいないからなぁ……」


それに、比べてる時点で何も変わってないよね。
見下さないと得られない安心なんて要らないや。



そりゃあ、何かにおいてわたしよりできない人がいるのは
当たり前だとおもうんだよね。
できない人がいるってことは
できる人もたくさんいるってことで

結局のところ、見下したところで
安心は微塵も得られないから見下さない。
ネタとしてdisりはするけど(


他人が自分より劣っているとおもうことは
あんまりない。


正直、ここまでの劣等感はプロレベルだとおもう。
賞賛に値するとおもう(

だって3歳のときからだもん。




いつか、自分に対して赤点じゃなくなるときがきたらいいなっておもう。



このページのトップヘ