羽白ひよりのblog “hiyollie records”


わたしの親しいひとたちは
基本的にみんな優しいから
『わかるよ』って言ってくれる。

わたしがほしかった言葉をくれる。


そんなひとたちに
わたしは生かされている。



ありがとう、ありがとう。





🌙
7月8日(月)
水道橋Words
Words Presents「音価空間 Vol.11」
open19:00  / start19:30
前売¥2300 / 当日¥2500(D別)
冷凍シーラカンス / 高宮大吾 / 羽白ひより / 有留大貴
20:40〜

※いっこう氏がギター弾きます
わたしは弾きません




就活中の彼の面接日と重ならなかったので
今回もユニット編成になります。



ちなみにわたしの指は
まだ指弾きは不可能ですが
軽いストロークだったら……
無理すればなんとかって感じです。

見た目には青くなくなったし
特に腫れてもいないんですけどね。

さすがにまだくっついてはいないそうです。




家では添え木をつけないようにしているのですが(皮膚がわるくなるので)

うっかりその指を使っちゃったときに
ちゃんと重症なんだなって痛感します。




他人を羨ましくおもってしまうのは
自分が満たされていないから。

と、きいた。


たまにどうしても僻んでしまうのだけど
そういうものなのかな。



でも、その人にだって
色々な苦悩があるんだとおもう。
羨ましいなんて思われたくないかもしれない。


たまに、ふっとわいた“怖さ”は
わたしの弱い部分に付け入る。





わたしだって、誰かからは
羨ましく思われているのかもしれないのに、ね。




少なくとも、わたしには誇れるものもないし
毎日苦悩しているだけなのだけど。



うーん。

自尊心がほしいな。






このページのトップヘ